MacOSクライアント(OS 11.2)

提供: 東海大学 コンピュータ応用工学科 稲葉研究室Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

初回起動時

  • ユーザ名はadministrator,パスワードは例のやつにしておく.
  • AppleIDは研究室のIDを「PC関係(ソフトウエアライセンスなど)」という緑色のファイルを見て入力.

システム,開発環境の設定とインストール

  • 各種アップデート
    • アップルメニューのソフトウェアのアップデートを複数回程繰り返す必要があるかも。
  • システム環境設定の共有でマシン名をそれっぽく付けておく
  • ネットワークユーザでのログインの設定

システム環境設定の「ユーザとグループ」を開き、左下のガキマークをクリックしてadministratorのパスワードを入力して変更可能にする。「ログインオプション」をクリックし、ログイン画面にユーザーリストを出さないようにするため、自動ログインを切りにする、ログイン時の表示を名前とパスワードにする。

  • localuserのアカウントを通常ユーザーとして追加する.パスワードは例のもの.
  • Homebrewをインストール

https://brew.sh/index_ja に従うこと.

プリンタドライバのインストール

Brother HL5450DN

  • OSにバンドルされているのでインストールは必要ない.
    • ただし,最新版が開発元からでているようなら[[1]]のBrother HL5450DNのページからCUPS版のドライバをダウンロードしてインストール.
  • システム環境設定のプリンタとスキャンで追加する.メンバー限定Wikiの「研究室内ネットワーク」を参照してプリンタのIPアドレスを指定してもよいが,そうしなくてもBonjour機能で見つかるはず.
  • なお,HL5450DNはPostscript3互換のBrother Script3内蔵なので,PPDファイルをダウンロードしてPSプリンタとしての使用もできる.こちらのほうが細い線などのプリント品質が高い.ただし,書類によってはプリントに非常に時間がかかったりするので注意.

デフォルトプリンタの設定

  • 「デフォルトのプリンタ」はBrother HL5450D0Nの方にしておく.

フリーウェアツールのインストール

Stuffit Expander 16のインストール

  • App Storeからダウンロードしてインストール.

CotEditor

  • App Storeから最新バージョンをダウンロードしてインストール.

Adobe Reader DC

  • AdobeのサイトからmacOS 最新バージョンをダウンロードしてインストール.

Microsoft Teams

  • Microsoftのサイトからmac OS用デスクトップアプリの最新バージョンをダウンロードしてインストール.


Gnu Octave関係(2021年度より,MATLABのキャンパスライセンスが利用できるので,インストールする必要はない)

http://wiki.octave.org/Octave_for_MacOS_X を参考にして,Homebrewでインストールする.

brew update
brew install octave


  • Packageのインストール

Octaveを起動して作業を行う. controlとsignalのパッケージをインストールする. ユーザ全員が使う,Octave Forge repositoryからダウンロード,以下のようなコマンドでインストールする.

pkg install -global -forge control
pkg install -global -forge signal

でインストール.なんかワーニングがでるかも. octave起動時にパッケージを自動ロードするよう設定する.一旦octaveをexitして,ターミナルでoctavercを編集する.

sudo emacs /usr/local/share/octave/site/m/startup/octaverc

で開いて,

cellfun (@(x) pkg ("load", x.name), pkg ("list"));

を追記

例えば次のコマンドでボード線図が表示されるか確認する.

bode(tf([1],[1 1 1]))

TeX関係

  • 全体として,TeX Live/Mac

https://texwiki.texjp.org/?TeX%20Live%2FMac を参考にする.

  • Homebrew によるインストール (GUI-Applications ありの場合)
brew install mactex --cask
sudo tlmgr update --self --all
sudo tlmgr paper a4


  • TeXShopの設定
    • ApplicationsフォルダのTeXフォルダ内にTeXShopがインストールされている.必要に応じて最新版にアップデート
    • 環境設定の「書類」で設定プロファイルとして「pTeX(ptex2pdf)」を選ぶ.
  • LaTeXiTの設定
    • M1 macの場合は,起動時にGhostscriptとかがないと言われるので,環境設定の「プログラム」で以下のように変更する.
      • Ghostscript (gs)は,/opt/homebrew/bin/gs
      • ps2pdfは,/opt/homebrew/bin/ps2pdf
    • ApplicationsフォルダのTeXフォルダ内にLaTeXiTがインストールされている.必要に応じて最新版にアップデート

インターネット関係

  • Google Chromeのインストール
    • [[2]]から Mac版をゲットしてインストール.
  • Firefoxのインストール
    • [[3]]から Mac版をゲットしてインストール.

購入アプリケーションのインストール

Office for Macのインストール

大学包括契約のソフトウェアをインストールする.詳しくは教員に確認すること.

MATLAB for Macのインストール

大学包括契約のソフトウェアをインストールする.学生個人のアカウントではインストールしないこと.詳しくは教員に確認すること.